御祭神・御由緒

御祭神・御由緒

【 御祭神 】

主祭神 : 大山祇命おおやまづみのみこと  相 殿 : 譽田別命ほんだわけのみこと
合 祀 : 天満自在天神てんまんじざいてんじん  伊弉冊命いざなぎのみこと

【 御神徳 】

大山祇命は森の氏神様として多くの人びとに敬われております。

【 御由緒 】

三島神社は千年以上の歴史を持ち、三島山の宮森の下から森の街々が発展しました。
この宮森が森町の地名となったといわれております。


本殿正面

御本殿は戦国時代、兵火のために焼失し、慶長17年に再建されました。
現在の建物は寛文12年(1671年)造営で、森町では最古の建造物であり、町の文化財に指定されています。


常磐の横笛

本殿横には、長さ3メートル10センチ、直径15センチの横笛が飾られています。
毎年11月第1金~日(年度によっては変更あり)に行なわれる三島神社の御祭禮は、遠州地方を代表する祭りであり、「森の喧嘩まつり」と呼ばれ、豪華絢爛、雄大な祭り絵巻が繰りひろげられます。