三島神社・男坂

三島神社・男坂

三島神社・男坂

【 参道(男坂)石段改修・完成 】


 平成18年から20年までの3年間、三島神社・御祭禮の期間に限って封鎖してきた、三島神社参道(男坂)石段の改修工事を行ない、平成21年10月、新しい石段が完成しました。

 明治28年以前、男坂石段はありませんでした。古い石段と石の大鳥居は、明治29年5月に鈴木藤三郎氏が、三島神社に奉納したものです。1段1段の石段の高さは20cm、踏み面奥行き25cmで、足を乗せる面の奥行きが狭く、傾斜の急な男坂石段でした。
昭和30年以前は、この石段で勇壮な舞児(まいこ)還しが行なわれていました。

 男坂から西に伸びて、仲横町の通りにつながる参道は、明治29年に、山田家(東屋)が造った道路です。当時、この道路を造るために、山田さんは母屋を取り壊して道を通し、参道造りに協力しました。

 新しい男坂石段は、ほぼ三島神社の氏子総数にあたる1,252世帯がお金を出して造った石段です。1段1段の高さ20cm、踏み面の奥行きが37cmで、古い石段より傾斜がずいぶん緩やかになりました。

男坂での舞児還し 平成21年度・三島神社御祭禮の初日に当たる11月6日に「竣工祭」を、最終日の舞児還し前に「こけら落し行事」を行ない、氏子の皆さんはじめ多くの人たちが、この新しい石段を上がって三島神社にお参りされました。

 平成22年度の舞児還しでは、昭和29年以来56年ぶりに「男坂」石段を下って舞児が下ろされ、町内の氏子の代表である各社社長らが、大切に舞児を担ぎながら一歩一歩、石段を下り、神秘的な雰囲気の中で盛大に執り行なわれました。

 新装なった男坂。ぜひ一度、この石段の上り心地をご体感なさってください。


改修以前の男坂改修以前の男坂

新しい男坂新しい男坂